プロフィールムービーを作りたい!作成のポイントは?

公開日:2023/09/15 最終更新日:2023/10/05
プロフィールムービーを作りたい!作成のポイントは?

今や結婚式の定番になっているのが「プロフィールムービー」です。参列者のスピーチ・余興に並ぶ、結婚式の3大人気コンテンツです。そのため、現在はほとんどの結婚式でプロフィールムービーが作られています。では、どうやって作ればよいのでしょうか。今回は、プロフィールムービーを作成するポイントについて詳しくご紹介します。

プロフィールムービーはどれくらいの長さがいい?

プロフィールムービーはどれくらいの長さが最適なのでしょうか?

こちらではプロフィールムービーの長さについて詳しくご紹介します。

プロフィールムービーの長さはどれくらいがいいのか?

プロフィールムービーの長さは、一般的に5分程度がおすすめです。長くても7〜8分程度でおさめた方がよいでしょう。次に、プロフィールムービーの長さが5分程度がよい理由について詳しくご紹介します。

参列者の集中力が途切れないようにするため

1つ目の理由は参列者の集中力が途切れないようにするためです。プロフィールムービーは、5分程度が丁度よいでしょう。5分以上になると長く感じてしまい参列者の集中力が途切れてしまいます。逆に5分未満だと短く感じてしまいます。

5分程度で終わると参列者からは「もう少し、みたかったのに・・・」という気持ちになってもらい、次の余興で楽しみたいという期待感で幕を閉じることが可能です。

結婚式の進行を妨げないようにするため

2つ目の理由は結婚式の進行を妨げないようにするためです。結婚式の披露宴の平均時間は通常2時間30分程度です。一見長く感じるかもしれませんが、2時間30分のなかにプログラムが約20本以上も組まれています。分単位での過密スケジュールです。

そのため5分よりも長すぎると、他のプログラムに支障がでてしまい、結婚式の進行を妨げてしまう可能性があります。

内容を直観的に理解できるようにまとめてあるから

3つ目の理由は内容を直観的に理解できるようにまとめてあるからです。プロフィールムービーは、新郎新婦の生い立ちから結婚までのなれそめを一本にまとめた映像です。もし内容が複雑になってしまうと、参列者が理解できずに途中で離脱してしまいます。そうなると一気に場が白けてしまい、グダグダな雰囲気になります。

そうならないように、だれがみても直観的に理解できるわかりやすい内容にしなければなりません。結果、プロフィールムービーは5分程度にコンパクトにまとめることがおすすめです。

プロフィールムービーで何を伝えたい?

プロフィールムービーでは一体何を伝えればよいのでしょうか?

こちらではプロフィールムービーで伝えるべきこと・プロフィールムービーの作成のポイントについて詳しくご紹介します。

プロフィールムービーで伝えるべきこととは何か?

プロフィールムービーで伝えるべきことは、新郎・新婦の相手に対する想いです。なぜお互い結婚相手は新郎、または新婦でないといけなかったのかをプロフィールムービーの最後に参列者にわかるように伝えることをおすすめします。そうすることでプロフィールムービーがしっかりと締まったものになります。

プロフィールムービーの作成のポイントとは何か?

プロフィールムービーの作成のポイントは、構成をしっかりと作ることです。理由は細部がよくできていても、構成がしっかりできてないと話のつじつまが合わなくなり、意味がわからない映像になるからです。みている方は盛り上がりに欠け、ストレスが溜まったまま終わってしまいます。そうならないようにプロフィールムービーを作る時は構成をしっかりと作りましょう。

プロフィールムービーのコメントの注意点は?

プロフィールムービーのコメントはどんな点に注意すればよいのでしょうか?

こちらではプロフィールムービーのコメントの注意点について詳しくご紹介します。

コメントは短くまとめる

1つ目の注意点は、コメントは短くまとめることです。理由はコメントが長すぎると、参列者がコメントを追うことに注意が働いてしまい、映像の内容が入ってこなくなるからです。コメントはできるだけ短く、コンパクトにまとめましょう。

もし長くなる場合には、最大20〜25文字程度にまで短縮することをおすすめします。そうすることで参列者は映像とコメントをストレスなくみることができます。

名前を間違えないようにする

2つ目の注意点は名前を間違えないようにすることです。結婚式のプロフィールムービーには、いろんな人や学校や会社の名前がでてきます。もし登場人物の名前や学校や会社の名前が間違っていたら、当事者は一気に気分を害することでしょう。

そうなると、せっかく盛り上がっていた結婚式は微妙な雰囲気になります。結婚式を滞りなく進めるためにも、名前を間違えないようにコメントはしっかりと確認してから載せましょう。

まとめ

今回は、プロフィールムービーを作成するポイントについてご紹介しました。今回のポイントをまとめると、プロフィールムービーを作成するポイントは構成をしっかりと作ることです。例え5分程度のショートムービーといえども、構成ができていないとみている方は意味がわからなくなります。しっかりと構成を作り込み、盛り上がるところや、最後のオチなどアップダウンをしっかりつけたプロフィールムービーを作ることをおすすめします。本記事がプロフィールムービーを作成するポイントについて詳しく知りたい方に届けば幸いです。

結婚式ムービーの外注に
おすすめの業者比較表

イメージ




サービス名シネマチックナナイロウェディングファビオchouchou(シュシュ)PIARY(ピアリー)
特徴1.3.10年後の記念日などのタイミングでウェディングムービーを配信し、結婚式後もフォローしてくれる!顧客満足度がとても高い!格安でプロにムービーを制作してもらえる!LINEで写真を送れるので簡単にハイクオリティなムービーを作ってもらえる!ウェディングムービー制作会社に関する調査で3冠を達成!最短4営業日で制作完了!写真とテキストだけで作成依頼が行える!
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
【PR】ブライダル映像業界の課題と、シネマチックの向き合い方